事業戦略

当社は2019年5月期を初年度とする新3ヵ年中期経営計画「Innovation2018」のもと、目標の達成に向けた事業戦略を策定し、遂行しています。

中期経営計画 - (1)数値目標

初年度の2019年5月期は横這いの、保守的な計画としておりますが、今後も業績拡大に努め、3年後の2021年5月期には、売上高349億円、経常利益31億円、受注残も305億円を目標としています。
今後の業績拡大のためには施工能力の拡大が必須であり、人材の獲得により注力してまいります。
また、シニア向けマンション、リノベーション事業、九州支店において、徐々に成果が得られると考えております。そして、それらが成長の一助として貢献することを期待しています。

受注高/期末受注残高

(百万円)

売上高/経常利益

(百万円)(百万円)

PAGE TOP