事業戦略

中期経営計画 - (3)定量的な目標

収益面では、完成工事総利益率16%を維持する体質構築を目標とします。その結果、ゼネコンとしては高水準の10%の売上高営業利益率の確保も実現いたします。業容の拡大と併せて、こうした安定した利益確保を追求してまいります。

財務面では、当面の目標として、自己資本比率40%を維持する水準を目標とします。ROAは20%、ROEは40%と、財務体質の向上と併せて資本効率面を意識した経営に努めてまいります。

企業価値の向上(財務体質の改善)と経営の安定基盤を築くための経営目標を設定

①収益面:効率化による生産性アップにより、利益の最大化を目指す

②財務体質:剰余金の蓄積等による財務体質の向上を図る

中期的な定量目標

1.収益面の目標

2.財務体質の向上

PAGE TOP